優秀な若者にはどんどん起業してほしい
ジェイコムホールディングス株式会社 代表取締役社長 岡本 泰彦

起業当初にトラブル、とにかく諦めないことを学ぶ

「私は妻からスーパーポジティブな人と呼ばれているんですよ」と笑いながら話すのは、「…planning the Future~人を活かし、未来を創造する~」をグループ理念に掲げ、総合人材サービス、保育関連サービス、介護関連サービスを手掛けるジェイコムホールディングス(HD)の創業社長である岡本泰彦氏だ。

岡本社長は1993年にジェイコムHDの前身となる、パッケージ旅行の企画事業会社のパワーズインターナショナルを大阪で旗揚げした直後、あるトラブルに巻き込まれてしまう。すぐに資本金は底をつき、自分の給料はもちろんのこと、独立についてきてくれた仲間6人の給与を支払うこともままならなくなった。そして、岡本社長が窮状を正直に話し、給与のカットを申し出ると、「当初の約束と違う」といい残して4人が辞めていった。

「共同経営者のつもりでいたのですが、根本のところでマインドがズレていたのかもしれません。経営を立て直すべく奮闘しているなか、知り合いの同業の社長さんから、『会社を閉めてウチに来たらいいじゃないか。仕事と責任に見合った給与を支払うよ』といわれ、悩んだこともありました。結果、経営を持ち直すことができて、いまがあるわけですが、そこで学んだことは『とにかく諦めない』ということです。何か失敗があっても、『ピンチはチャンス』くらいにポジティブな姿勢を保ち続けることが重要なのです。それができれば、必ずどこかで事態は打開します」

jcom-okamoto2

岡本社長の言葉は、事業がうまく軌道に乗らずに悩んでいる起業家にとって何よりも心強いはず。その岡本社長は関西学院大学に通う頃から「人生は一度切り。何かを残す仕事をしたい」と考えていたそうだ。大学卒業後は地元の広島銀行に入行し、渉外担当として多くの中小企業を回った。それも経営を勉強するためであり、3年後には辞めて、学生時代から付き合いのあったベンチャーの旅行会社に転職。そして、同社での経験を活かして、パワーズインターナショナルを設立したのだ。

そして、岡本社長が96年の携帯電話の販売、98年の人材サービスへと進路を切り直すきっかけとなったのが、様々な人との〝縁〟だった。ある日、旅行の企画で付き合いのあった大手航空会社の大阪支店長にゴルフに誘われて行くと、同じパーティーにいたのが支店長の同級生だという大手通信会社の幹部だった。プレイしているなかで岡本社長は、当時普及し始めたPHS(簡易型携帯電話)の大阪での拡販を手伝ってほしいとの申し出を受ける。

「その少し前に大阪で開かれたインターネットのデモンストレーションを見る機会がありました。そして、いろいろな情報をアップしたり、そこに誰でもアクセスできるのを知り、いつか旅行事業にもネットの時代が来て、パンフレットを刷って集客するような業態のままでは淘汰されると感じていました。PHSを仕入れではなく、預託の形で卸してもいいとの好条件もあり、将来の携帯電話の販売も見越して業態を転換することを決断しました。また、それを機に同じ年の11月にジェイコムへ社名変更も行なったのです」

jcom-okamoto3

〝縁〟を大切にピンチをチャンスに変える!

新しい事業は順調なスタートを切ったものの、急成長分野であることに目を付けた電機メーカーや商社が、資本力を活かして携帯電話の販売ショップを相次いで出店するようになる。大阪市内の一等地はそうした大企業の系列ショップに押さえられ、岡本社長は苦戦を強いられてしまう。そうしたなか、敵情視察でライバル店を覗きにいくと、接客の対応やマナーがあまりにも悪いことに驚く。そこで「うちの従業員だったらもっと売れるのに」と思い浮かんだことが、次なるビジネスのシーズとなったのだから面白い。

岡本社長は知り合いの携帯電話の販売会社の幹部に、「当社の従業員に一度販売を任せてほしい。それで成果が出たら、派遣社員として受け入れてもらえないだろうか」と提案し、了承を得る。実際にショップに入って販売を始めると、前月比30%増、50%増という見事な成果を叩き出した。それからは、口コミで「ウチも頼みたい」というオファーが携帯電話の販社から殺到し、採用した人材を独自に教育しては派遣し、名古屋や広島にも拠点を構えるようになった。まさしく岡本社長は「ピンチはチャンス」を証明してみせたのだ。

IPOは頑張ってくれた社員に報いるため、成長プロセスにおいては通過点にすぎない

いまではジェイコムHDは、携帯電話だけでなく、アパレル、保育、介護、そしてコールセンターなどの分野でも派遣・紹介事業を行い、総合人材サービスにおいて地盤を確かなものにしている。保育の分野へ2009年に進出する際も人の〝縁〟が活かされていたそうだ。「人材サービスが大きくなるのにしたがって、女性のスタッフが急増しました。しかし、せっかく育った彼女たちも、出産を機に辞めざるを得ません。そこで保育の重要性を痛感していたときに、大学時代に同窓だった大学教授から紹介されたのがサクセスアカデミー(現・サクセスホールディングス)だったのです」と岡本社長は話す。

サクセスアカデミーは、病院や大学、企業などが自前で設置する保育施設の運営を受託したり、認可保育園、小規模保育施設、学童保育などの公的な保育施設の運営で業績を伸ばしてきた会社だった。15年4月時点では、受託保育事業で172、公的保育事業で102の施設を持ち、業界内では第2位の事業規模を誇っている。

当時、出資していた大手商社が方針転換でサクセスアカデミーの保有株式を売却したい意向であることを聞いた岡本社長は、保育の領域でも人材サービスのノウハウやスキルが活かせると判断し、09年12月に同社を持ち株会社化したばかりの自社の持分法適用関連会社にした。さらに、今年6月1日から29日にかけて同社に対するTOB(公開買付け)を行い、持ち株比率を26.17%から50.1%へアップさせている。つまり、連結子会社化したわけなのだが、今回のTOBの狙いについて岡本社長は次のように語る。

jcom-okamoto4

「関連会社では人事権がなく、経営陣クラスで互いに合意していることであっても、現場の段階になると、なかなか浸透しません。また、保育に対する社会的ニーズが高まっているのに、そうした外部環境の変化に対応するスピードが遅かったりして、一気に改善するのには子会社化してより強力なタッグを組むのがいいと考えたわけです。それと、サクセスHDの創業者のハッピーリタイアをサポートする側面もありました」

介護分野の進出にあたっては、東京、埼玉、神奈川などで、有料老人ホームやデイサービスなど21施設を運営するサンライズ・ヴィラを13年10月に連結子会社化。入居率が80%台に高まるなど子会社化によるプラスの効果が着実に出ている。そうした一連のM&Aを成功に導いた秘訣を、岡本社長は「まず、主力事業であった人材派遣・紹介とのシナジーが生まれる相手を選んだこと。そして、一度手を結んだら、自分からは決して相手を裏切らないことです」と説明する。

最後に岡本社長にとってのIPOの意味を尋ねると、「社会的な責任が重くなることは覚悟のうえで、頑張ってきた社員に報いたかったのです。もちろん、IPOは自社の成長プロセスにとって単なる通過点でしかありません。そして、IPOをしてよかったことは、人間関係の広がりが出て、それが事業にもフィードバックされていることです」という。その岡本社長は優秀な若手にどんどん起業してほしいと願い、母校である関西学院大学での起業家育成にも力を入れている。

jcom-okamoto6