立ち位置は地方創生型ヘルスケアベンチャー、温泉藻類を化粧品から食品、医薬品へ
株式会社サラヴィオ化粧品 代表取締役社長 濱田 拓也

温泉藻類®RG92で地方創生
別府温泉から始まる足跡を追う

2015年はサラヴィオ化粧品(大分県別府市)にとって、成長へのターニングポイントになる1年だった。3つの慶事が続いたのである。

まず1月、同社の研究チームが温泉の中に潜む高い抗炎症作用を持つ藻を発見し、「温泉藻類®RG92」と名付け、特許を取得した。翌2月に中小企業基盤整備機構が主催する「ジャパンベンチャーアワード2015」で地方創生特別賞を受賞し、さらに7月には「温泉藻類®RG92」を乾燥粉末状にした機能性食品素材の開発が、2015年度経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業に採択された。

同社の足跡を概観すると、まさに“地方創生型ヘルスケアベンチャー”である。設立は2006年。

酵素の原料メーカーと提携して酵素分解法で抽出した低分子コラーゲン使用し、敏感肌に親和性の高い商品を開発したが、販売手法に対する経験不足から初年度の年商は300万円にとどまった。しかし、これは憂慮されるような実績ではない。同社の年商は2年目に700万円、ネット通販に力点を置いた3年目には7000万円に増え、4年目には2億6000万円へと急拡大した。軌道に乗ったのである。ところが、業績向上だけでは片付けられない問題に直面する。

saravio-hamada-1-1

本当に良い製品を提供するために、利益のほとんどを投じて自社研究施設を設立

社長の濱田氏は当時、商品梱包、配送、WEB制作、コールセンターでの顧客対応まで全ての業務に従事していた。商品が防腐剤を使用していないため肌に優しく、アトピー性皮膚炎の方から好評を頂き、日々の悩みを打ち明けるなど厚い信頼を寄せる顧客も数多くいた。

これらの悩みや相談に対して、メーカーとして責任のある回答を示さなければならない。だが、社内に医学の知見を持つ者はいない。大学教授や医師に問い合わせて、アトピーの原因と治療法について教えを請うた。その過程で、ひとつの確信が生まれたという。

「自社内に研究開発チームを持たなければ、本当の意味での信頼性の獲得には至らない。また、自社内のチームで商品を開発すれば競合他社に勝てる!と思った」。

この確信が分岐点となった。利益のほとんどを研究設備の調達に投入し、確信を実行に移してゆくうちに、運に引き寄せられるようにブレイクスルーの種が舞い込んできたのだ。

まず、人材である。2010年、英国のマリーキュリー研究所で分子モータータンパク質を研究していた加世田国与士氏(情報工学博士)を筆頭に優秀な科学者たちが集結した。加世田氏は新設されたサラヴィオ中央研究所の所長に就任。温泉研究を基盤とした研究が今日の事業に結びつく。大分県の地域振興策が伏線になった。

saravio-hamada-1-2

売上目標は2年後に25億円、2020年に100億円

加世田氏は、「温泉の効能は温泉水や泥の質でなく、それらの中に潜む微生物に起因するのではないか」と仮説を組み立て、関連論文を収集。社内の温泉研究チームは別府の温泉水を片っ端から採取して、200種類以上の微生物を単離した。その中から4種類の新種の藻類を発見し、信州大学との共同研究によって、最も抗炎症作用の高い藻類を特定して「温泉藻類®RG92」と名付ける。92番目に見つけた藻類に「Regeneration Gateway」を付けて「92番目に見つけた再生への道」という意味を込めたのだった。2011年12月のことである。

「温泉藻類®RG92」の糖脂質が関節炎の誘発因子を抑制する。この作用を解明した同社は、日本薬学会や日本皮膚科学会総会、日本リウマチ学会などで発表し、化粧水、保湿オイル、保湿クリーム、美容液などを開発した。一方で、発毛エネルギーを持つミトコンドリアの調節機能を活用した育毛剤も開発し、商品アイテムは約25に達した。

販路はネット通販に加えて、百貨店や美容室も開拓した。当面の売上目標は2年後に25億円、2020年に100億円を掲げ、その手段として3つの事業を展開している。

saravio-hamada-2-1

「おおいた温泉座」の全国展開、医薬品の原料開発を計画

第一に、同社の商品販売と足湯体験を提供する「おおいた温泉座」の全国展開である。2015年12月に東京・浅草の商業施設「まるごとにっぽん」に直営店「おおいた温泉座」を出店したところ、複数の百貨店や商業施設から出店要請が相次いでいる。

濱田氏は「リラクゼーション、治療、美容、健康の実用化を発信するこの事業では、インバウンド需要を開拓する」と意欲を示す。足湯というアミューズメントと物販の融合した新たなビジネスモデルは非常に大きな反響を生んでおり、今後は店舗を拡大し、全国展開、フランチャイズ展開も視野に入れている。

saravio-hamada-2-2

第二に、東京オリンピックを視野に入れたアスリート向けの商品開発である。すでに別府競輪に関わる選手たちに、「温泉藻類®RG92」を応用した抗炎症作用のあるマルチアクティブローションを贈呈しているが、さらに商品開発を進める計画だ。

そして第三に、医療分野への進出である。「温泉藻類®RG92」の発明の名称には「炎症性疾患の治療・予防薬」と記載されているが、新薬の原料開発も構想している。

1985年生まれの濱田氏は、2016年2月に31歳になる。まだ31歳である。伸び代の大きい年齢に加え、目力が強く、話のリズムが良く、語気に力がみなぎっている。事業方針に現われているように、思考も重層的だ。これらは、紆余曲折を乗り越えて飛躍する経営者に共通した特性である。

saravio-hamada-2-3