経営理念に忠実に!王道をいくクリエイティブ集団
株式会社カヤック 代表取締役CEO 柳澤 大輔

今期売上高は約28%増、経常利益は102%増

2015年12月は、カヤックが東証マザーズに上場してちょうど1周年にあたる。社員の平均年齢は29歳。伸びしろの大きい組織といえるが、それでも15年12月期通期決算は相当に勢いが良い。

売上高37億500万円、営業利益3億7000万円、経常利益3億6900万円を見込み、前年度比でそれぞれ27.9%増、86.6%増、102.0%増という伸び率である。推進力はソーシャルゲーム開発とチャット&ゲームコミュニティ「Lobi」の拡大だが、社長の柳澤大輔氏の話を聞く限り、根っこにあるのは組織力だ。

「面白法人カヤック」を名乗る同社は、毎月サイコロを振った出目で基本給×1~6%が加算される「サイコロ給」や、社員同士が長所を見つけて誉め言葉を贈る「スマイル給」などの制度が世間ではクローズアップされているが、その真意は投資である。

柳澤氏は「いろいろな制度は自社のブランディングの手段であり、長期的な投資と考えて取り組んでいる。会社を設立後、社員数40人のときに、80人が入れるオフィスを借りたのも投資で、その後の採用にプラスになった」と語る。

kayac-yanasawa-1-1

会社がコンテンツ、理念は「つくる人を増やす」

投資の起点になるべきなのは、本来、経営理念である。経営理念からズレると、どこかで軌道が狂ってしまうのが経営の定理だが、柳澤氏は徹底的に経営理念を研究し、言語化できたのは設立3年目だった。

カヤックの経営理念は「つくる人を増やす」。このひと言である。シンプルで意図が明確だ。「つくる人」とはWebクリエイターだけでなく、耳目を集める制度を開発する人事部もクリエイターに含まれる。柳澤氏は「会社そのものをひとつのコンテンツ」と考えているが、それを言語化したのである。

この経営理念にもとづいて形成された組織が「新卒、中途とも作品を見て才能のある人材を採用している」(柳澤氏)というWebクリエイターのスキルを開花させ、数々のヒット作を誕生させた。

kayac-yanasawa-1-2

「全員社長合宿」で出た案で、採用コストを半年で25%削減

組織文化づくりとは経営理念の浸透でもあるが、「つくる人を増やす」手段として注力しているのが、年2回、経営理念を見直す目的で実施する「全員社長合宿」である。

2回とも朝から晩までひとつのお題について、チームごとにブレストを実施する。直近のテーマは「新卒社員が5年は会社にいたくなる制度や仕組みは何か」。ブレストは経営理念にどう関わるのだろうか。

「会社でも街の活性化でも、自分がつくる側に回れば仕事が楽しくなる。会社の創業期には全員がつくる側だが、200人以上の規模になるとそうはいかなくなる。そこで全員が社長になったつもりでブレストを行なっている。ブレストを半日やれば社長を疑似体験できるので、思考が経営する側に変化する。これが経営理念にリンクしてくる」(柳澤氏)

採用スピードを上げることをお題にしたときには、全員が人事担当者になったらよいという案が出て、この案を実行したところ、半年で採用コストが25%削減された。だが、業務上の成果に直結するアイデアが出るとは限らない。柳澤氏は原点に立ち返ることにした。

kayac-yanasawa-2-1

年2回、8時間のブレストで「つくる人の側」に変化

カヤックがブレストで重視するのは、何よりも数を出すことである。たとえば1時間に100本のアイデアを出すという指標を設け、年2回、朝から晩まで8時間実施すると、社員はブレスト体質に転換する。数を出すプロセスでは、不平や不満が介在する余地は発生せず、つくる人の側、面白がれる側に体質が変わってゆく。

実際、柳澤氏が社員たちと食事をしても、愚痴の類いはほとんど聞かれず、「どうすれば会社を良くできるかという話題になる」。年2回、8時間のブレストを実施するだけで、社員がポジティブに変化しているのだ。

「この変化を見て、たとえ有効なアイデアが出なくとも、ブレストは経営理念にかなっていることがわかった。これからも毎年2回行ないつづける」。

柳澤氏はそう明言する。経営理念の実践に忠実であれば、それが体質となって、持続的な成長力を培う。カヤックでは、このサイクルが見事に廻っている。

kayac-yanasawa-thumbnail2